「東北風土マラソン&フェスティバル2019」に今年もSSIが協力!

SSIは今年も「東北風土マラソン&フェスティバル2019」に協力させていただきました!

「東北風土マラソン」は、宮城県登米市で開催されるファンラン大会で、春の東北の田園風景の中を、東北各地の名物グルメを食べ、日本酒の仕込み水を飲みながら、走る楽しみを存分に味わえます。

さらにマラソンだけでなく「東北風土マラソン&フェスティバル」として、地元グルメの飲食・物販ブースが並ぶ「登米フードフェスティバル」、東北の日本酒が蔵人と共に集まる「東北日本酒フェスティバル」、被災地の復興状況が見学できるツアー「東北風土ツーリズム」も同時開催して、みんなで楽しめるお祭りイベントとなっております。

東日本大震災からの復興を期して2014年からスタートした「東北風土マラソン&フェスティバル」ですが、SSIでは開催初年からこちらのイベントに協力、イベント内の「東北日本酒フェスティバル」に唎酒師がボランティアスタッフとして参加しております。
第6回目となる今回は28名の唎酒師が、出展された東北6県の18蔵と1酒造組合の日本酒ブースに協力!

今年初参加の方から、3回以上参加されている方も多数いらっしゃいましたが、皆さん「復興支援をしたい!」「日本酒の魅力を伝えたい!」と熱い想いを持ってご参加いただいております!

イベント当日は風が強く雪もパラパラと降り、決してベストコンディションとはいえませんでしたが、蔵元さんと唎酒師の熱い思いが通じて、会場に来られた観客やランナーなど大勢の方に日本酒を楽しんでいただくことができました!!

また、酒仙人は今年もフルマラソンを疾走して、日本酒の魅力をPRしてきました!

「東北風土(FOOD)マラソン」という名前の通り、エイドステーションには地元登米や東北の郷土料理が並んでいます。

コース25km地点のエイドステーションでは、登米産業高校と伊豆沼農産のコラボ商品である甘酒があり、甘酒パワーによって、酒仙人も他のランナーの気力を取り戻しました!!
酒仙人がフルマラソンを完走することができたのも、エイドステーションで提供された、東北の郷土料理のおかげでしょう!!

今回も大盛況だった「東北風土マラソン&フェスティバル」!
ご参加いただいた唎酒師ボランティアスタッフの皆様にこの場を借りて改めて御礼申し上げます!

SSIでは今後もこのような活動を通じて、日本酒の益々の発展に寄与して参る所存です!