CBTとはComputer Based Testingの略で、コンピューターを使って日本酒検定3級を受験するシステムです。
資格のレベルや認定については、紙での検定と変わりません。このシステムを導入しているお近くの受験会場で受験可能です。

●47都道府県に、260以上のテスト会場が設置されています。

●年1回の会場検定日に限定されず、会場側で定められた実施日と開催時間に受験することができます。
※実施日と開始時間は会場によって異なります。

●結果は試験終了後すぐに判定され「スコアレポート」として発行されます。
※合格者の認定証書(カード型)は受験月の翌月末の授与となります。認定証書が到着するまでは、スコアレポートが「認定証書」の代わりとなります。

●試験は会場受検との公平性を保つため、同一の出題の中からランダムでの出題となります。

申込方法や検定日程・会場などの詳細については、以下の「日本酒検定3級CBT受験申込サイト」にてご確認下さい。

日本酒検定3級CBT受験申込サイト   会場検定はこちら