「甲斐の開運」井出醸造店 井出與五右衞門

創業:1700年(元禄13年) 〒401-0301 山梨県南都留郡富士河口湖町船津8番地 TEL.0555-72-0006 FAX.0555-72-6636
http://kainokaiun.jp ideshuhanf@kawaguchiko.ne.jp


富士北麓の地酒 甲斐の開運。
江戸末期から続く富士五湖唯一の酒蔵で、すべての工程に責任をもって手造りの大切さを追求しています。当主は代々與五右衞門の名を襲名しており、現在21代目です。蔵で使用する水は仕込み水からタンク洗いに使用する水に至るまで全量富士山の伏流水で、醸したお酒は香り高く綺麗な味わいなのが一番の特徴です。富士山の恵みに感謝しつつ、多くのお客様に喜んでいただくべく、時代のニーズに呼応した酒造りに日々励んでおります。

※表記一部省略:その他=その他製法/精米=精米歩合/日度=日本酒度    アミ=アミノ酸度

No.1 甲斐の開運 大吟醸斗瓶囲い酒   3,888円(720ml/税込)   =酒仙人コイン
特定名称 その他 原料米の品種 精米 ALC 使用酵母 日度 酸度 アミ
大吟醸酒   山田錦 40% M310 +2 1.0 0.8
南部流杜氏 初沢則孝の魂の酒。
バランスのとれた穏やかな果実香、酸は少なく、キレイでありながら広がりのある味わいです。口の中をなめらかに滑り落ち、爽やかな余韻を残します。丁寧に低温発酵させたもろみを圧をかけない袋吊りで醸造した大吟醸。
28BY全国新酒鑑評会 金賞受賞 出品酒。
薫酒
お薦め温度帯:10-20℃前後

相性の良い料理
和らかな酸、ビロードのようななめらかさは、やや温度を上げて開花する。太刀魚、のれそれや桜エビの造りなど、繊細ながらも贅沢な食事と共に。


No.2 甲斐の開運 ふじの風花 にごり酒  1,131円(720ml/税込)
特定名称 その他 原料米の品種 精米 ALC 使用酵母 日度 酸度 アミ
その他  普通酒(にごり酒) 玉栄、一般米 65% 15-16 701 ±0 1.2 0.9
もろみ風にごり酒。
上槽直前まで醗酵を進めたもろみを粗い目で濾した醪風濁り酒です。日本酒度±0と辛口に仕上げた濁り酒なので暑い季節でもさらっと、また料理にも合わせやすい一杯となっています
薫酒
お薦め温度帯:10-20℃前後

相性の良い料理
粘性は比較的穏やかで後味ビターテイスト。アスパラガス、フレッシュサラダのヨーグルトソースなど、香味の同調的相乗効果が楽しめる。


No.3 甲斐の開運 特別純米 北麓   1,620円(720ml/税込)
特定名称 その他 原料米の品種 精米 ALC 使用酵母 日度 酸度 アミ
特別純米酒   玉栄 60% 15-16 M310 +4 1.3 0.8
富士北麓の伏流水を連想させる特別純米。
香りはきつすぎない穏やかな吟醸香、されど純米らしくしっかりとした味わいを残します。なめらかな口当たりは富士北麓の伏流水が醸し出す特徴です。
IWC 2016 純米酒部門 ゴールドメダル。
IWC 2017 純米酒部門 シルバーメダル。
薫酒
お薦め温度帯:10-15℃前後

相性の良い料理
バランスに優れた酒質はあらゆる料理を引き立てます。ちょっと贅沢に季節野菜といくらや明太子、数の子の魚卵と供に楽しんで頂きたい。


No.4 甲斐の開運 金印  1,004円(720ml/税込)
特定名称 その他 原料米の品種 精米 ALC 使用酵母 日度 酸度 アミ
その他  普通酒 吟吹雪、夢山水、一般米 64% 15-16 701 +4 1.3 1.0
日々の晩酌に悦びを。
昔からの日本酒らしくしっかりとした芳香、なめらかな口当たりと、一本真の通った味わいでキレの良さが特徴的です。最近減少傾向にある特定名称ではない普通酒ですが熱意と手をかけて醸した一杯です。主役にはなり得ないかもしれませんが大いなる脇役であり続ける存在です。
薫酒
お薦め温度帯:10~15℃前後
又は40~60℃

相性の良い料理
旨味ある酒質は、冷温でローストビーフの和風ソース仕立てや蒸し蟹などと。秋口からは燗にしてハリハリ、すっぽん、クエ鍋もお勧め。


No.5 甲斐の開運 梅酒  1,028円(500ml/税込) 
特定名称 その他 原料 精米 ALC 使用酵母 日度 酸度 アミ
リキュール  – 日本酒ベース 7-8
日本酒ベースで酸味が特徴な爽やかな梅酒。
富士山の伏流水で醸した日本酒に、酒蔵の横にある梅林で採れた梅の実、もぎたての梅の実(白加賀)を漬け込んだ日本酒ベースの梅酒です。特徴のある梅の酸味をしっかりと残し、あますぎない飲み口に仕上げました。お湯割りやソーダ割りはもちろんのこと、日本酒割もオススメの飲み方です。