「一ノ蔵」一ノ蔵

創業:1973年(昭和48年) 〒987-1304 宮城県大崎市松山千石字大欅14 TEL.0229-55-3322 FAX.0229-55-4513
http://www.ichinokura.co.jp sake@ichinokura.co.jp
自然との共生を大切にし、伝統を守っていくこと。お客様に満足していただくこと。地域振興につなげること、これが一ノ蔵の酒造りの原点。この精神のもとに、浅見商店・勝来酒造・桜井酒造店・松本酒造店がひとつになり、昭和48年一ノ蔵が誕生しました。初代社長・松本善作は、各蔵元の若き代表者の4人に、「家族ぐるみでつき合い、喜びも悲しみも分かち合おう。力を合わせて新しい蔵を作り、できるだけ手づくりの仕込みを残した高品質の酒を造ってほしい」と願いを託しました。手づくりの仕込みは現在も忠実に守られています。
※表記一部省略:その他=その他製法/精米=精米歩合/日度=日本酒度    アミ=アミノ酸度

No.1 一ノ蔵 特別純米酒 辛口   1,163円(720ml/税込)
特定名称 その他 原料米の品種 精米 ALC 使用酵母 日度 酸度 アミ
特別純米  瓶内二次発酵
発泡清酒
麹米:ササニシキ・蔵の華 掛米:ササニシキ・蔵の華
掛米:トヨニシキ
麹米:55% 掛米:55% 15 協会9号系 +1~+3 1.3~1.5 1.2~1.4
原料米を55%まで磨き、米本来の柔らかな旨味がバランスよく溶け、上品で深みのある味わいを醸し出します。スッキリとしたスマート感ある飲み心地、自信を持ってお届けする「一ノ蔵のスタンダード純米酒」です。
薫酒
お薦め温度帯:10〜15℃又は55℃前後

相性の良い料理
しっかりとした味わいの料理と好相性。カニ味噌、肉の朴葉味噌焼き、串揚げなど。


No.2 一ノ蔵 発泡清酒 すず音   772円(300ml/税込)
特定名称 その他 原料米の品種 精米 ALC 使用酵母 日度 酸度 アミ
 発泡清酒  瓶内二次発酵 麹米:トヨニシキ
掛米:トヨニシキ
麹米:65%
掛米:65%
5 協会9号系 -90~-70 3.0~4.0 0.2~0.5
シャンパンと同じ瓶内2次発酵によって造られたお酒。お米の優しい味わいの中に、柔らかな甘酸っぱさが口中に広がります。アルコール分も低く、普段はあまりお酒を飲まない方にも喜ばれるスパークリング清酒です。
薫酒
お薦め温度帯:5℃前後

相性の良い料理
キリリと冷やし、ウェルカムドリンクや乾杯酒として。フルーツのカナッペ、ピンチョスなど。


No.3 一ノ蔵 花めくすず音  884円(300ml/税込)
特定名称 その他 原料米の品種 精米 ALC 使用酵母 日度 酸度 アミ
   瓶内二次発酵 麹米:トヨニシキ 掛米:トヨニシキ その他:紫黒米・黒豆 麹米:65% 掛米65% 5 協会9号系 -90~-70 3.0~4.0 0.2~0.5
「一ノ蔵発泡清酒すず音」に、地元宮城県産の黒豆と紫黒米から抽出した色素で、可憐なピンク色に仕上げました。心和む優しい香り、シルクのようななめらかな飲み心地をお楽しみください。数量限定品となります。
薫酒
お薦め温度帯:5℃前後

相性の良い料理
ジューシーな甘酸っぱさを楽しめる様に良く冷やして。乾杯酒、口直しなどや、甘みの抑えたデザートと。


No.4 あま酒   162円(130g/税込)
特定名称 その他 原料米の品種 精米 ALC 使用酵母 日度 酸度 アミ
    麹米:ササニシキ 麹米:60% 5
アルコールは一切含まれない昔も今も変わらない手づくりの温もり心なごむ味わい。糖類、食塩、保存料などは一切使用しない自然の甘味です。清酒造りに用いられる高精白の原料米で造る糀のみ使用しています。
薫酒
お薦め温度帯:どの温度帯でも

相性の良い料理
上品な甘さを際立たせる為に塩味のあるものと好相性。塩辛、わさび漬け、奈良漬、辛味大根など。