焼酎唎酒師-在宅コース



講習会場が遠い…、スケジュールが合わない…、独りでないと集中できない…、そんな貴方にオススメです。全講義を映像教材にて受講、重要な部分は何度でも復習可能です。
理解力アップは勿論のこと、苦手分野の克服にも絶大な効果を発揮します。

在宅コースの特徴
◎会場まで遠い、時間がとれない方に
◎自宅で教材をもとに受講
◎在宅受講者専用のテイスティング教材でトレーニング

開催期間 ご自身のペースでお進め下さい。(約1ヶ月の受講期間を経て受験される方がほとんどです)
受験資格の有効期限は教材到着後から一年間となります。
開催時期 随時受付ております。教材はご入金確認後の7日以内に発送いたします。
※なお、
一部教材に関しましては後送になることがございます。


試験日程及び会場
別のウインドウが開きます。

在宅コースカリキュラム

1 食品、飲料の基礎知識【全資格共通講義】
2 世界に誇るべき蒸留酒 焼酎について/焼酎のラベル表示事項
3 本格焼酎・泡盛の基礎知識/甲類焼酎の基礎知識・連続式蒸留焼酎の歴史 
4 焼酎のテイスティング
5 焼酎のサービス、セールスプロモーション 

 

映像教材の一部をご覧になれます
焼酎の原料、製造方法



各地の焼酎事情、ラベル表示、テイスティング編


在宅コース教材

テキスト ・もてなしの基※
・焼酎の基
・焼酎テイスティング トレーニングノート 
映像教材 ・オンデマンド配信
※ご希望の方に限りDVDまたはUSBメモリーにてご用意いたします。
教材酒 ・4タイプ焼酎(フレーバー、ライト、リッチ、キャラクター)…4本
・正常&劣化焼酎

※FBO 認定会員以外の方のみ配布。

受講生の声
T.Iさん(長野県)
まず、専用の箱入りで届いた教材に感動!やる気に火がつきました。テキストだけでは理解しにくい造りの工程も、動画を見ることで解決!原料別の教材酒がとてもわかりやすく、焼酎を分類するのに大いに役立ちました!
K.Nさん(愛知県)
サラリーマンでしたが、酒好きが高じて居酒屋経営を決意!「きき酒師」は取得していましたが、お店には焼酎も、ということで受講しました。焼酎の劣化サンプルは日本酒と違い難しく感じたので、少量を数日に分けて行い、ようやく判断できるようになりました。

受講・受験料金/合格後の諸費用 

 ー 受講・受験料金 合格後の諸費用
区分 在宅受講 認定料 入会金 初年度年会費
はじめての方(一般) 57,800円 25,000円 19,000円 15.900円
学生・シニア
★要証明書
28,900円 12,500円 19,000円 初年度無料
FBO認定会員 28,900円 12,500円
ナビゲーター 40,000円 17,500円 19,000円 15.900円

受講受験日の変更について
メールまたはFAXのみ承ります。
・ 開催日3日前までの変更は無料ですので、以下より変更願います。
http://www.fbo.or.jp/?page_id=8829
・ 開催日2日前から開催前日までの変更は手数料5,000円を頂戴いたします。


当日欠席の場合
・ 当日欠席の際は受験資格保有期間内で他の日程で再受験が可能です。
再受験費用「 FBO認定会員・学生・シニア:6,000円、ナビゲーター取得者:8,400円、非会員:12,000円)


合格後の認定登録には以下の手続きが必須となります。予めご了解のもとお申込みください。
FBO入会お手続き(入会申請書ご提出、および入会金年会費のお支払)
認定登録料のお支払
次年度年会費 口座振替のお手続き

※未成年者のお申し込みは、法令に基づきお断り致します。


【海外からのお申込に関する注意事項】

order 170