「一ノ蔵」一ノ蔵

創業:1973年(昭和48年) 〒987-1304 宮城県大崎市松山千石字大欅14 TEL.0229-55-3322 FAX.0229-55-4513
http://www.ichinokura.co.jp sake@ichinokura.co.jp
自然との共生を大切にし、伝統を守っていくこと。お客様に満足していただくこと。地域振興につなげること、これが一ノ蔵の酒造りの原点。この精神のもとに、浅見商店・勝来酒造・桜井酒造店・松本酒造店がひとつになり、昭和48年一ノ蔵が誕生しました。初代社長・松本善作は、各蔵元の若き代表者の4人に、「家族ぐるみでつき合い、喜びも悲しみも分かち合おう。力を合わせて新しい蔵を作り、できるだけ手づくりの仕込みを残した高品質の酒を造ってほしい」と願いを託しました。手づくりの仕込みは現在も忠実に守られています。
※表記一部省略:その他=その他製法/精米=精米歩合/日度=日本酒度    アミ=アミノ酸度

No.1 発泡清酒 すず音   715円(300ml/税別)
特定名称 その他 原料米の品種 精米 ALC 使用酵母 日度 酸度 アミ
   瓶内二次発酵
発泡清酒
麹米:トヨニシキ
掛米:トヨニシキ
麹米:65%
掛米:65%
5 協会9号系 -90~-70 3.0~4.0 0.2~0.5
瓶内二次発酵により炭酸分を閉じ込めたまま、加熱殺菌して発酵をとめました。穏やかだが涼しさを予感させる、爽やかな香りで、淡雪色の中に細やかな泡が立ち上がる、滑らかで円やかな味の広がりが特徴的です。
薫酒
お薦め温度帯:5-10℃

相性の良い料理
食前酒として最適。爽やかな風合いの前菜類と好相性。シーフードと香草のマリネ、フルーツトマトのサラダ、パパイヤのサラダなど。


No.2 ひめぜん  952円(720ml/税別)
特定名称 その他 原料米の品種 精米 ALC 使用酵母 日度 酸度 アミ
    麹米:トヨニシキ
掛米:トヨニシキ
麹米:65%
掛米:65%
8 協会9号系 -70~-60 4.5~5.5 0.5~0.7
極甘口ながら清々しい酸味がきいた飲みやすさが特徴のアルコール8%の原酒です。甘酸っぱさが持ち味ですので、冷やして飲むのはもちろん、熱燗にしても美味しくお召し上がり頂けます。
薫酒
お薦め温度帯:10℃前後

相性の良い料理
スイーツ類と合わせたい甘酸っぱさを持つ。焼きリンゴのタルト、干しブドウのパウンドケーキ、杏入りのケーキなど。


No.3 純米酒 ワタシノオト 1,300円(720ml/税別)
特定名称 その他 原料米の品種 精米 ALC 使用酵母 日度 酸度 アミ
純米酒   麹米:国産米
掛米:国産米
麹米:65%
掛米:65%
12 -30~-20 2.0~3.0 1.2~3.0
2016年一ノ蔵の新商品。アルコール分12%の純米酒。米こうじの穏やか香りと、お米の旨みが優しく調和した、すっきりとした軽やかな後味が特徴です。飲み飽きしない味わいは、和洋問わず様々なお料理とマッチングをお楽しみ頂けます。
薫酒
お薦め温度帯:10-15℃

相性の良い料理
様々な料理とのペアリングが楽しめる食中酒。特に白身魚のムース、生ウニのパスタなど柔らかな食感のものがおススメ。


No.4 純米大吟醸 松山天 3,334円(720ml/税別)
特定名称 その他 原料米の品種 精米 ALC 使用酵母 日度 酸度 アミ
純米大吟醸酒   麹米:山田錦
掛米:山田錦
麹米:40%
掛米:40%
15 吟醸酵母 -2~±0 1.2~1.4 1.1~1.3
2016年「ワイングラスおいしい日本酒アワード」にて『最高金賞』に輝いた本品。緻密な甘味と繊細でシャープな酸が調和し、更にふくよかな旨味を感じる、進化を続ける純米大吟醸「松山天」をお楽しみください。
薫酒
お薦め温度帯:15℃前後

相性の良い料理
会席料理などと合わせたい品格のある純米大吟醸酒。フルーツや香草を使用した洋食系前菜とのペアリングも楽しめよう。