名誉唎酒師酒匠/名誉唎酒師

名誉唎酒師酒匠、名誉唎酒師とは、日本酒及び日本文化の普及、発展に貢献されている方の功績、業績を称え、酒造之太祖久斯之神(出雲佐香神社)より任命される酒泉酒仙の会における職位のひとつです(名誉唎酒師酒匠は2009年より、名誉唎酒師は2014年より新たに任命)。
これにより、これらの方々のこれまでの功績、業績を社会に広く認知していただくことのみならず、さらなる継承、発展にご尽力いただくことを目的としており、言わば日本酒、日本文化の後世への橋渡し役を担っていただくものです。
なお、それぞれの任命規程は次のとおりです。

名誉唎酒師酒匠
►日本酒及び日本文化の普及、発展に資する功績、業績が顕著であると認められる有識者。⇒これまでに名誉唎酒師酒匠の任命を受けられた方々

名誉唎酒師
►日本酒及び日本文化の普及、発展に資する功績、業績が顕著であると認められる唎酒師あるいは焼酎唎酒師。
叙任者はこちら
任命および任命式典
名誉唎酒師酒匠、名誉唎酒師の受任者は、名誉唎酒師酒匠任命委員会にて決定し酒造之太祖久斯之神に奏上されます。また、その任命は任命式典において、同じく酒造之太祖久斯之神からの神授により賜ります。

佐香神社の流儀にのっとる任命式典
任命式典は、佐香神社宮司により「湯立神事」等、同神社の流儀にのっとり執り行います。なお、受任者の方々には玉串奉奠をもって、さらに日本酒及び日本文化の普及、発展に尽力することをお誓いいただきます。

授与品
受任者の方々には、酒造之太祖久斯之神より「任命書」、「勲章」が授与されます。

画像は「受賞授与品(勲章、任命書)」のイメージです。