地酒大show2008冬 結果発表


11月16日(日)に開催致しました「地酒と料理の宴2008」にて、「地酒大show2008年冬」を行いました。本当に大勢のお客様がお見えになり、今までで一番の盛り上がりとなりました。
今回はすべての部門にきき酒師、焼酎アドバイザーの資格を持つ方がスタッフで参加してくれましたので、実にクオリティーの高いサービスを行うことも出来ました。



また今回はWeb上でも投票を行いましたので、実に様々な意見が反映された結果になったと思います。
皆様の御贔屓の地酒がランクインしていれば祝杯!を、悔しい結果の場合は次回へ期待を込めて祝杯!(笑)と、どちらにしてもこれからの季節に地酒を楽しむきっかけとして頂ければ幸いです。

レポート:長田 卓 (SSI研究室長)

【ポイント集計方法】
①当日参加の投票人数(FBO会員) 432人…3ポイント
②当日参加の投票人数(一般)396 人…2ポイント
③WEB投票(重複投票除く) 計2176票…1ポイント

当日の投票人数:828人(432人)
性別:男性418人(225人)/女性410人(207人)
※( )内はFBO会員

お燗酒の旨さは日本人のDNAに響きます!吟醸酒から古酒まで様々な美味しさがエントリー


147P9948
N1-001
蔵香り
㈱三宅本店(広島県)
繊細な香気の大吟醸酒に山廃特有の芳醇さが加わった蔵香り。一見相反する要素が燗をすることで見事に融合し、参加の心を掴みました。

143P9845
N1-015
厳選辛口吉乃川
吉乃川㈱(新潟県)
スッキリした辛口熱燗酒は五臓六腑に染み渡る旨さですよね。いつの時代も愛される淡麗辛口タイプの代表が堂々のプラチナ賞です。

122P9527
N1-018
大七 純米生もと
大七酒造㈱(福島県)
生もとの深みを充分に味わえるのに、実は非常にキレイな酒質なのが大七純米生もと。前回の王者は今回も金メダルです。お燗酒大七強し!

110P8525
N1-002
三千櫻
三千櫻酒造㈱(岐阜県)
「強烈な個性はありませんが・・・」と蔵のコメントにありますが、だからこそホッとしたいお燗酒に向くのでしょう。長く愛される秘訣を持った地酒ですネ。

104P8321
N1-013
関娘ふくのひれ酒
下関酒造㈱(山口県)
来ました!フグのヒレ酒。可愛らしいルックスなのに、味は実に本格派。伝統的な日本酒カクテルがゴールド賞です。

082P6615
N1-027
銀嶺月山 純米原酒 蔵酒
月山酒造(山形県)
自家栽培米、低温熟成、水質の美しさと、こだわり抜かれた月山お燗酒がランクイン。パワフルタイプなのに味わいの構成が実に緻密。貫禄の逸品です。

081P6318
N1-054
上喜元 お燗純米
酒田酒造㈱(山形県)
山田錦を原料にした上喜元の純米酒は、ボディがしっかりしており、米の豊かな香りがふわりと漂います。ぬる燗でも熱燗でもイケる底力が魅力。


066P
4620
N1-049
木桶仕込み生もと純米吟醸
㈱せんきん
(栃木県)

066P4818
N1-009
越後鶴亀
山廃純米 燗一本

上原酒造㈱
(新潟県)

059P4316
N1-017
榮川
山廃仕込純米酒

榮川酒造㈱
(福島県)

059P4217
N1-044
能登の生一本
純米 伝兵衛

中島酒造店
(石川県)

057P3621
N1-020
玉乃光 純米大吟醸 備前雄町100%
玉乃光酒造
(京都府)

054P3618
N1-039
お燗向 純米酒
香田 3年熟成酒

ハクレイ酒造㈱
(京都府)

今回の部門で一番多い61以上のアイテムが揃いました。
それだけ蔵元さんも力を入れられているし、市場での人気も高まってきた証拠でしょう。
何せ温めて飲むことで真価を発揮するお酒なんて他にはあまり無いですから、これこそ日本酒ならではの醍醐味です。皆様も特定名称名にとらわれず、色々なタイプの日本酒をお燗にして試してみて下さい。
大切なのは、銘柄よりもお燗の手法です。
電子レンジで一気にチンしたり、グラグラの熱湯に付けてではなく、80度位のお湯に1~3分付けて好みの温度に「温めて」あげることが大事です。(このひと手間が味を大きく変えるのです)
また日本酒の味や、季節に合わせて酒器を変える楽しみを添えるのもお燗酒の楽しみ。
大切な人と袖が触れ合う距離でさしつさされつ嗜む…。
これぞ冬の風物詩、日本酒の美しい風景ですネ。

人気食材NO1になるんじゃないですか?マグロは。日本酒との相性も抜群ですからネ


151P9853
N2-002
純米大吟醸酒
国士無双 あさひかわ

高砂酒造㈱(北海道)
清楚な水色ボトルのイメージ通りの上品で洗練された香味が特徴的。どんなマグロ料理でも引き立てるスッキリ感が評価され堂々のプラチナ賞。

148P9058
N2-016
新米新酒の上善如水
白瀧酒造㈱(新潟県)
「新米」「新酒」と「新」三昧の上善如水がプラチナ賞。典型的な薫酒タイプで、マグロ料理に華やかな風味を与えてくれる相性が高評価を得ました。

138P8256
N2-021
勝山 純米大吟醸 伝
勝山企業㈱勝山酒造部(宮城県)
格調の高いデザイン同様、美しくも力強い味わいが特徴に。大トロなどと合わせられる純米大吟醸酒は他になかなか無いと言うことでゴールド賞。

138P8058
N2-028
浦霞 特別純米酒生一本
㈱佐浦(宮城県)
美味しいマグロには上質の酸味があるもの。そんなマグロと良く合うようなふくよかな旨味と程良い酸味を持つ味わい。人気の銘酒がゴールド賞。

123P7647
N2-019
銀嶺月山 大吟醸(上田屋)
月山酒造(山形県)
水の上質さがそのまま反映されたが如く、なめらかな飲み口が大きく評価されました。マグロ赤味の部位との相性は食通をも唸らせる組み合わせです。

101P6833
N2-026
特別本醸造 越乃松露
大洋酒造㈱(新潟県)
スッキリとした香気と、新潟酒らしいキリリと冴えあるドライ感が特徴。すべてのマグロ料理に合わせられるマルチタイプがランクイン。

096P5838
N2-015
玉乃光 純米吟醸
凛然 山田錦100%

玉乃光酒造(京都府)
純米吟醸規格の中では、ふくらみと厚みをしっかりと感じさせる味わい。しかし、決してクドくなくあくまでもマイルド。中トロなどとの組合せは抜群です。

092P5735
N2-004
萬歳楽 白山特別純米酒
㈱小堀酒造店(石川県)
柔らかな味わいです。物凄く上品です。しかし優しいだけでは終わらない秘めたる力を感じます。上等のマグロを用意して襟を正して味わいたいです。

082P4834
N2-012
大七 極上生もと
限定醸造

大七酒造㈱
(福島県)

072P5319
N2-009
吟醸 極上吉乃川
吉乃川㈱(新潟県)

074P4513
N2-006
越後鶴亀 純米酒
上原酒造㈱
(新潟県)

061P3823
N2-036
森民
雄町特別純米酒

森民総本家
(宮城県)

058P4216
N2-025
十五代九郎右衛門
純米吟醸

㈱湯川酒造店
(長野県)

056P4511
N2-042
横笛 超辛口 〆
伊東酒造㈱
(長野県)
 

マグロは日本人が最も好きな食材と言っても過言ではないでしょう。
そしてマグロを肴にお酒を合わせたいと言ったら、日本酒が筆頭にあがるでしょう。(特に江戸っ子はマグロの刺身を肴に酒を呑るのが粋と言われる位、マグロを愛しています。笑)

今回マグロと相性が良いと選ばれたのは、軽快で繊細なタイプが多かったですね。
あくまでもマグロを主役とし、その美味しさを引き立てる食中酒タイプが求められたのでしょう。
そして、今回選ばれた地酒を楽しむなら、上質の赤味をお勧めします。
上質の赤味にはほんのりとした酸味があります。今回の大showアイテムなら、程良い酸味を持ったタイプが多いので、酸味の上質さの一体感が楽しめると思います。

マグロと日本酒・・・。
日本人なら誰でも納得の美味さですね。(当日行われたマグロの解体ショーも凄まじい盛り上がりを見せていました)
今やどこでも手に入る食材ですから、皆様も日々の晩酌にマグロを選んで日本酒との組合せを楽しんでくださいませ。

蒸留酒と見た場合は焼酎の醍醐味はお湯割りにアリ。芋、麦、米以外も色々と挑戦!


191P16328
S1-010
さつま小鶴
小正醸造㈱(鹿児島県)
誰もがこの芋焼酎の香りに陶然とさせられました。甘美で艶やかで上品で繊細・・・。それがお湯割りになるとなおさらです。堂々のプラチナ賞。

150P11535
S1-002
極上吉乃川 吟醸焼酎
吉乃川㈱(新潟県)
吟醸酒粕を原料にすることで爽やかな香気が、それを熟成させることで丸みのある風格に。そんな訳で新潟県の焼酎がゴールド賞に輝きました。

127P9532
S1-001
歌垣
㈱杜の蔵(福岡県)
原料のすべてが麦麹で造られているこの焼酎は、スッキリ爽快の麦焼酎とは全く別物タイプです。これぞ本当の芳醇無比!他にはない!

127P9829
S1-008
瑞泉 青龍 熟成古酒
瑞泉酒造(沖縄県)
泡盛のお湯割りって試されたことあります?皆様ぜひぜひ挑戦あれ。大勢の人が認めた旨さです。それもこれもなめらかな瑞泉の成せる技!

104P8519
S1-007
貴匠蔵
本坊酒造㈱(鹿児島県)
「黄金千貫」、「黒麹」、「甕仕込み」とネーミング通り「匠」の芋焼酎がランクイン。薩摩の誇る高貴な芋焼酎のお湯割り、その真髄がここにあります。

東京などではまだまだ美味しいお湯割りを飲ませてくれるお店も、教えてくれるお店も少ないので、皆様のほとんどが焼酎をロックで飲まれているのではないですか?
しかしながら、焼酎の真価はお湯割りにあります。(だって世界中の蒸留酒の中でホットスタイルで飲める蒸留酒がどれだけありますか?)
この焼酎のお湯割りの魅力を伝えようと、今回の地酒大SHOWで取り上げさせて頂きました。

銘柄は色々お試し頂くにしても、特にここではお湯割りの美味しい作り方を覚えて頂きたいと思います。

1:仕上がりの温度帯! 
日本酒のぬる燗同様45~50℃位に仕上げるのが最大のポイント。100℃のポットのお湯では仕上がりが70℃以上にもなり熱くて飲めないどころか、本来持つ原料の甘味やなめらかさが活きてきません。
80℃位のお湯を用意しておくと、常に美味しいお湯割りが作れますヨ。

2:割合!
焼酎6、お湯4がいわゆる王道ですが、25%の焼酎の場合は、これでアルコール度数15%と日本酒並みに、焼酎5、お湯5ならば、25%の焼酎の場合はアルコール度数12.5%とワイン並みになります。
これ位の割合でゆっくり嗜むのが焼酎のお湯割りの醍醐味ですね。(お酒に弱い人はもっと薄めてどうぞ。どんなに割っても原料の個性が活きているのが焼酎の力でもありますから)

3:お湯が先!
焼酎を先に入れてからお湯を注ぐと、アルコールが一気に揮発し、ビリビリと刺激の強い味わいになってしまいます。(逆に言うとドライテイストにしたい場合は、焼酎を先にどうぞ)
お湯を先に入れると、アルコールの刺激の少ないまろやかな味わいになると共に、対流が良くなり混ざりやすくなるメリットがあります。


4:前割り!
こだわるならば、飲む前日や前々日に水で割っておき、飲む前にじっくり温めて飲むのが究極の飲み方。
鹿児島などで前割りと言われる手法です。水とアルコール分が馴染んで、めっちゃまろやかになりますヨ!

いかがでしょうか。
お湯割りひとつとっても、実に奥の深い世界があるのが地酒の面白い所です。

ランキングの上位は芋焼酎が多かったですが、芋焼酎以外でも麦焼酎、米焼酎、特に「泡盛のお湯割りってこんなに美味しいの?」、「いやあ試してみるまで判らないものだねえ~」と喜びの声を多数頂きました。
これを機会に皆様も、様々な焼酎のお湯割りをお試し下さいませ。

肉の王様といえばやっおあり牛肉。旨味あふれる牛肉と焼酎の相性は心に響く美味しさです。


261P22338
S2-008
瑞泉 古酒 甕貯蔵
瑞泉酒造(沖縄県)
深淵なる香気は他に類を見ない泡盛の古酒。中でもまろやかなテイストの瑞泉がプラチナ賞。熟成させた肉質を使用すれば究極の相性に。

203P15746
S2-013
甕雫〜極〜
オーバルワン㈱(京屋酒造)
原料、製造方法から器にまで、こだわり抜いた極上品がランクイン。これだけ洗練された香味なので超高級な牛肉と合わせて至福の一時を。

155P12827
S2-002
極上吉乃川 吟醸焼酎
吉乃川㈱(新潟県)
強烈な個性では無い故に相性の幅が広いタイプ。とはいえ吟醸粕の芳醇な香り、熟成されたまろやかさにより、牛肉に負けない酒質を楽しめます。

112P9517
S2-014
らんびき 角
ゑびす酒造㈱(福岡県)
熟成された香り、樫樽の香りが特徴であるこの「らんびき」には、焼いた香ばしい牛肉料理がピッタリ。山葵醤油で食す焼肉にはかなりオススメ!

101P8021
S2-005
玉乃光 純米焼酎 屋久杉
三年貯蔵

玉乃光酒造(京都府)
屋久杉の香りがふうわりと香ることで、ただ濃いだけでなく上品な香りが生まれます。牛肉の脂を爽やかに切ってくれる嬉しい食中酒。

日本人の大好きな食材である牛肉は、日常品から高級品、産地牛、部位など実にバリエーション豊かな料理が楽しめますよネ。こんな牛肉料理だからこそお酒にこだわりたく、今回のテーマの焼酎との相性の良さをPRしたいと思います。
牛肉には他の肉にはない独特の香りが存在し、それが焼酎にピッタリの相性を示すポイントになるのです。
牛肉のタタキやヒレステーキなど赤味の旨さを引き出すならば、繊細で軽快なタイプの焼酎を、
カルビ焼き肉、すき焼きなどの脂ののったパワフルな料理には、濃厚でしっかりした味わいの焼酎が良く合います。

今回は、様々なテイストの焼酎がランクインしましたが、どれにしても判りやすく個性を持つことが、牛肉との相性を考える際にピンと来られたのでしょう。
皆様にも色々な牛肉料理と焼酎の相性を試して頂きたいですが、特に家庭の食卓に上がる牛肉料理と焼酎で、美味しい晩酌を楽しんで見て下さい。

料理の風味づけに、その焼酎を少し加えると、相性度が200%UPしますヨ!

百花繚乱のリキュールは現在のトレンド。これを決めるのはやはり女性。ランクインしたのは?


217P16057
R1-007
生もと梅酒
大七酒造㈱(福島県)
生もと純米酒がベースとなる本格的な梅酒がプラチナ賞に。その高貴で甘美なる風合いには多くの女性が魅了されること間違いなしです。

185P11768
R1-002
長龍 酒蔵の梅酒
長龍酒造㈱(奈良県)
ゴールド賞にも梅酒がランクイン。樽酒で有名な長龍酒造渾身の一滴です。非常にマイルドな口当たりで、どんな女性にも喜ばれることでしょう。

114P8925
R1-020
ぐるっ酒
金升酒造(新潟県)
純米酒と生乳から作ったヨーグルトのリキュール。金升酒造オリジナルのミルキーな味わいが特徴に。来年の干支が「牛」だけに贈り物にもピッタリ!

110P8723
R1-004
造り酒屋のゆずのお酒
榮川酒造㈱(福島県)
ゆずを使ったリキュールもランクイン。ゆずの清涼な風味は女性のみならず日本人の心を掴んで離しません。榮川酒造のこだわりの逸品です。

080P6317
R1-011
紀州 みかん酒
初桜酒造㈱(和歌山県)
高野山の麓で地酒「般若湯」を醸す初桜酒造のみかんリキュールがランクイン。地元和歌山産の温州みかんのジューシーな甘味の美味しさは格別。

080P7010
R1-003
柚子の大バカ十八年
司牡丹酒造㈱(高知県)
司牡丹酒造の柚子のリキュールがランクイン。「甘くて飲みやすいだけが女性好みなんて思わないで!」という本格派志向の皆様の支持を受けました。

079P6514
R1-029
すっきりパッション
㈱奄美大島開運酒造(鹿児島県)
「れんと」で有名な奄美大島開運酒造の黒糖焼酎をベースに、パッションフルーツを使用した南国気分満載のリキュール。陽気な感じがGOOD!

079P6316
R1-030
三河二段仕込み 三州梅酒10
三州三河みりん㈱角谷(愛知県)
三河みりんをベースにした梅酒。みりんは調味料だけでなく日本を代表する地酒のひとつ。この伝統的な価値が受けいれられ堂々のランクインです。
 

様々なリキュールが市場を賑わせています。
梅酒ブームをきっかけに地酒蔵がこぞって新商品を開発、まさに百花繚乱のラインナップです。
様々なタイプはあれど「和」が基調となった商品に人気が集まっており、現在のトレンドが「和」であることを認識させてくれます。この流れのまま「和」のカクテルや、「楽しく」、「面白い」リキュールの飲み方を色々と開発していきますので乞うご期待下さい。

また勧める相手が女性だからと「甘くて、飲みやすくて、軽くて、可愛いお酒を・・・」なんて考えは早計です。
現在の女性好みは本格派する一方なんですヨ。(逆に男性の方が軟弱化しているような…(笑)

男性諸君!相手の好みを探り、本当に喜ばれるお酒をプレゼントして彼女の心をGETしてくださいっ!

リキュールの魅力は外見の美しさにもあります。参加者の心を射止めたビューティーフェイスはどれでしょう?


343P27271
R2-014
スイカのお酒 小丸
オーソリティ㈱東京都
焼酎オーソリティー厳選、スイカの形をした真ん丸なボトル。一瞬で「可愛い!」と反応する人多数で堂々のプラチナ賞。

303P21687
R2-020
Cremisi(クレミシ)
神杉酒造㈱(愛知県)
深いルビー色と細長いスタイリッシュなボトルが「カッコイイ!」と評価されゴールド賞に輝きました。中味のベースはなんと「みりん」。日本一クールなみりんです。

143P9647
R2-004
木内の雫
木内酒造(資)(茨城県)
琥珀色に輝く色調と、小さいながらも存在感のあるボトルが評価を受けました。地酒、地ビールで有名な木内酒造の隠れた名品です。

138P9246
R2-001
吟醸ゆず酒
吉乃川㈱(新潟県)
透き通るようなグリーンカラーと、スタイリッシュなスラリと背の高いボトルが多くの票を集めました。多くの部門でランクインの吉乃川がここでも賞をGET!!

111P8625
R2-006
小鼓 15(いちご)リキュール
㈱西山酒造場
(リカープラザ大越)
「いちご=15」面白いデザインと、ピンクの可愛いカラーがウケました。リカープラザ大越一押し商品がランクイン。

美しく可愛いボトルやラベルを見ると、何だか微笑ましくなってきますよネ。特にリキュールは、色とりどりで実に華やかなルックスが特徴です。
 そんな訳で今回はリキュールのデザイン大賞を企画致しました。
 エントリー酒を見てみますと、特にボトルの形にこだわったリキュールが多かったと思います。
日本酒にしても焼酎にしてもボトルの形状は同じ物が多いので、様々なボトルの形状のあることがリキュールならではの魅力になるのでしょう。

味わいもさることながら、見た目も大切な要素のひとつ。
皆様も贈り物をする時に、相手の好きなカラーのものを選んであても喜ばれると思いますよ。
 
あっ、そうだ。
風水で色にこだわる上司が米国にいるので私も早速お好みのカラーのリキュールを贈ってみます!