「第2回愛ぽんの会 日本酒甲子園2012」へ参加


8月19日、小林商店様主催の「第2回愛ぽんの会 日本酒甲子園2012 夏」の盛り上げ隊として、昨年同様女唎酒師軍団でお手伝いしてきました。

参加蔵は「福司(北海道)・秀鳳(山形)・米鶴(山形)・白露垂珠(山形)・やまとしずく(秋田)・白瀑 山本(秋田)・天明(福島)・一の宮(千葉)・亀甲花菱(埼玉)・松の寿(栃木)・相模灘(神奈川)・青煌(山梨)・小左衛門(岐阜)・信濃鶴(長野)・常山(福井)・三連星(滋賀)・蓬莱泉(愛知)・さか松(大阪)・片野桜(大阪)・大倉(奈良)・仙介(兵庫)・櫻正宗(兵庫)・鉄砲隊 車坂(和歌山)・黒牛(和歌山)・老亀(広島)・旭鳳(広島)・賀茂金秀(広島)・黒鬼 死神(島根)・三芳菊(徳島)・亀泉(高知)・蜻蛉(福岡)・杜の蔵(福岡)の32蔵。
私達は本日お見えになれない6蔵「越の白鳥(新潟)・花垣(福井)・鯉川(山形)・竹鶴(広島)・鷹勇(鳥取)・タクシードライバー(岩手)」の日本酒提供をさせて頂きました。

 

13時から開始ですが準備があるので11時に会場入り、お酒を冷やす為の氷が届き男性陣ががんがんとアイスピックで砕き、私達は運び屋として蔵元さんのブースへ持っていきます。
準備の途中で主催者様から「ちょっとお願いしたい事が・・・」と。この日本酒甲子園、高校野球の開幕式のように入場の音楽にあわせ来場者の前を蔵元さんが入場行進をするという儀式(笑)があるのですが、その時に各蔵元さんの前をプラカードを持って歩いてほしいと(女子高生が代表校のプラカード持って歩くアレですね)。・・・えっと、えっと、いいんですか?私達で!?初々しさのカケラもありませんが?

そして12時半、「ウゥゥゥゥゥ〜」とサイレンが鳴り開会式の始まりです。入場行進の音楽が流れ、完璧なウグイス嬢のアナウンスで蔵元さんの紹介が始まります、恥ずかしそうにされている蔵元さんもおられましたが、私達も元気よく行進しましたよ、しかも何度も(笑)。
無事に全蔵の行進と紹介が終わり次に選手宣誓。まず昨年選手宣誓をした「大倉本家 大倉隆彦杜氏」から旗の返還です。そして今年は「松井酒造 松井宣孝杜氏」、力強く素敵な選手宣誓でした!
 

 

・・・さぁ、いよいよ始まります。あっという間に人でいっぱいになり、さっきまで寒いくらいだった会場も一瞬で温度があがります。最初は皆様お目当ての蔵元さんへ直行されるので私達のブースはのんびりかと思いきや、人がいっぱいすぎでお目当ての蔵元さんにたどり着けないお客様が沢山試飲しに来てくださいました。
 
会場内には、本格的沖縄料理「酒友」の沖縄料理、居酒屋「ひでぞう」の美味な一品、難波酉正さんのおいしい鳥料理、マッシュアップさんの激旨じゃこてん、本町ことわさんの激旨一品、大阪鶴橋イカ焼き牧野のイカ焼など格安の酒肴も。
その相乗効果でしょうか?2時間もすぎると提供するお酒がなくなってしまった蔵元さんも。その後は各蔵元さんからご提供頂いたお酒や前掛けなどが当たる抽選会も始まり、盛り上がりも絶好調、当たった前掛けをさっそくつけている女子もいました。

15時を回りだすと軍団が担当するブースのお酒も品切れになってきて一か所にお酒を集めまとめて提供、無事に16時に終了しました。最終来場者はなんと600人近くだったそうです。昨年もいらしてたなと記憶にある人もチラホラ、若い人も女性客も多かったです、本当に色々な日本酒を楽しめるステキな場と時間でした。毎年どんどん盛り上がっていきそうです、そしていつかは本当に甲子園で開催されることを強く希望します!!


 

レポート:大野直弥(なお↑)

女唎酒師軍団活動レポート