女唎酒師軍団「地酒祭り秋の陣 2010」に出展


記録的な猛暑も過ぎ、秋の気配を感じる中、集まったメンバー。今回も「女唎酒師軍団が選んだ偏愛酒、溺愛酒」を皆様にお奨めすべく、遠くは島根や福岡からも参加の11人です。
蔵元ブースのある大会場入り口近くの良い場所で準備開始。中にはお燗器抱えて準備のためだけに来てくれたメンバーも。
桜柄のきき猪口と並んで秋の陣にふさわしく紅葉柄のきき猪口もお目見え、フライヤーは前回使用されたのを頂き、4タイプ分類でご紹介、個別のNo入りプレートも登場、見易いと大好評。
準備も整い、さあ 「いらっしゃいませ」 ピンクの法被でお出迎えです。



4タイプ様々、個性豊かに、貴重な古酒も

薫酒からは、千葉・寒菊銘醸「大吟 夢の又夢」華やかな香りにうっとり。米の栽培から拘った山口・下関酒造「若き獅子の酒」は旨みとキレを堪能。

爽酒からは、お酒だってジャケ買いならぬラベル買い?福岡・井上合名会社「三井の寿イタリアンラベル ポルチーニ」茸とミノ虫のデザインがキュート。福島・鶴乃江酒造「会津中将もやしもんラベル」も目を惹きました。

醇酒からは、お酒好き会員が米造りから参加の島根・若林酒造「開春 亀五郎」。茨城・浦里酒造店「霧筑波」は丸みのある旨み。山形・米鶴酒造「米鶴 米の力」は静かにお燗の旨さもしみじみと。

熟酒からは、奈良・千代酒造「篠峯 熟成参年」 さらに、三重・森本仙右衛門商店「黒松翁 十五年者」 さらに千葉・岩の井酒造、なんと「秘蔵古酒25年」まで!!



 

軍団メンバーが愛するお酒は北から南まで個性豊かに16種類。タイプ別で指定して試飲される方も多く、お酒の説明にもついつい力が入ってしまうメンバーなのです。

酒縁は繋がります… 

お客様からも情報を頂き勉強させて頂いたり、地元ネタで盛り上がったり、きき酒師に興味をお持ちの女性には即、軍団にお誘いしてしまったり。「来年はぜひそちら側に…」などと嬉しい言葉もあり、お待ちしてますよ~
海外からの方に英語で説明するメンバーも。
日本酒を通じて次から次へと人の輪・和が繋がり、どこまでも酒縁が広がってゆくのを実感した3時間半でした。


 
終了後のミーティング、乾杯のビールは美味しかった~
でもすぐ日本酒に手が伸びるメンバーです。反省会、そして素晴らしい企画。それはいずれまた…お楽しみに!!
 
さて、次回は10月17日(日)神戸ベイシェラトンホテル&タワーズにて「日本酒フェスティバルin神戸」が開催されます。
日本酒と料理のマリアージュ、ジャズのミニライブなど盛り沢山。軍団メンバーも参加、ピンクの法被でお待ちしてます。
ぜひお出掛け下さいませ。




レポート:住友弘子

女唎酒師軍団活動レポート