軍団酒プロジェクト『稲穂の成長』



お盆休暇中に我が軍団プロジェクト酒の稲穂の観察に数名の友人引き連れて行ってきました。
6時間かかって、せんきんさんのお蔵に到着したのが15時過ぎ。



ところが、せんきんさんからどうやって、田んぼへ行ったのか覚えていないのです。
ランドマークが無いところが田園風景の良いところなのですが、こういう場合は別。
微かな記憶を辿って、そこらじゅうを探してやっとみつけました。ラッキー。

と、前置きがそうとう長くなりましたがご報告いたします。


ゲリラ豪雨も物ともせず、しっかりと根をはって、まっすぐ太陽に向かって伸びておりました。一面に稲一色です。


約3ヶ月前の田植え風景…



そして現在!!

私たちが植えた稲は、倒伏に強く多収で千粒重が大きく麹の繁殖に適した心白発現も良いと言われているお米になります。そんな特徴をしっかり出していて、穂はずっしりと重く、米もまだ大きくは無いもののしっかり実っていると実感しました。


  あの小さな稲穂がこんな立派になりました♪

ずっしりと重量感のある稲穂

頭が垂れるほどの稲穂へと成長をしているのを見て、涙が出ました。子供が育っていくのを見ているようです。
私の身長が160cmで、腰近くまで伸びているものも結構ありました。
俄然、稲刈りへの期待が大きくなり、きっと美味しい日本酒が出来るぞ!と思わせてくれる、そんな稲穂です。
さー皆さん!次回は稲刈りです。ずっしり重くなった稲を、旨くな~れと心で願いながら刈りましょう。


レポート:風間ナオミ