Vol.25 水魚な仲を体感できる店 居酒屋 水魚(大阪市)


「水と魚は切っても切れない仲」そのような仲にお客様となりたい!という大将の願いをこめて「居酒屋 水魚」は命名されました。



JR大阪環状線京橋南口より3分という立地。近隣には読売テレビや大阪ビジネスパークと賑やかな界隈が近いのですが、住宅街にひっそりと隠れ家のように「居酒屋 水魚」はあります。

ここの大将は若いのに22年というキャリアの持ち主。そして、今ではずいぶん丸くなりましたが、中学時代、硬派の一匹狼でその名を轟かせたという筋金入り の男気一本勝負。休日はお店が終わったその足で和歌山や丹後まで釣りに直行。そして自分で釣り上げた魚をアテに日本酒を飲むのが楽しみ。というかなりのマ ニア。
いや、こだわり。食に対して貪欲なんですね。



そんな大将のこだわりは全て毎日自分で仕入れをしている。ということ。
自分の眼で確かめて、納得いく食材のみを仕入れるという真剣勝負。

大将が揃えた厳選食材は大将の職人技にて新たな命を吹き込まれます。定番メニューのほか、その仕入れ具合によってメニューが毎日決まります。なので、メニュー表は、「○月○○日のメニュー」毎日100品の品揃えで待っていてくれています。

これからの季節は、「和牛モツナベ」やもろみ味噌を使った「四川風石鍋麻婆豆腐」「タラの白子」できゅっと日本酒を一杯!たまりませんね~。
新鮮な魚介類の刺身盛り合わせや常連さんに人気のイカの塩焼きそば、明太子だし巻き、ピリ辛ソーセージとセロリ炒め。レパートリーも豊富で懐が広いです。

実際蔵元を訪ねて仕入れを決めてきた京都の地酒「大江山」をはじめ、大将の目利きにかなった日本酒、焼酎が多数取り揃えてあります。
大将の願い、切っても切れない水魚な仲は、「お店とお客様」そして「丹精込めて作られたお料理とお酒」にも込められています。



取材に伺った日は平日の木曜日。にも関わらず満席で、お断りのお客様がでているほど。
予約しておいてよかった~(笑)ぜひ、前もってのご予約をお勧めします。
水魚な仲を体感しに、ぜひ足を運んでくださいませ。



居酒屋 水魚(すいぎょ)
大阪府大阪市城東区鴫野西1-6-18
TEL/FAX:06-6963-6325
営業時間:17:00~23:30(LO23:00)
定休日:第3日曜日
レポート:秋田裕子

女唎酒師軍団が行く旨酒旨店