Vol.23 感動の創作料理でお酒を楽しむお店「和風創作料理あんしぇ」(馬喰町)


今回ご紹介するお店は、あんしぇさん。店名はこだわりの塩を求めて行った沖縄で出会った、沖縄の古い方言で「それじゃあ」とか「またね」という意味合いの 言葉なのだそうです。そうです、こちらのお店は「塩」・「味噌」・「醤油」にこだわった和風創作料理のお店。お店は半地下にあり、洋食屋さんのようなお しゃれな風情。ランチタイムには日替わりの定食など6種類あり、私はランチもよく食べに行きます。どの定食も美味しい、いつも行列ができている人気のお 店。4人用テーブルが8台、カウンター6席のお店です。



そして夜は、創作料理で美味しいお酒が飲めるお店になります。「塩」・「味噌」・「醤油」にこだわり、選び抜いた物を使用。メニューは「塩」・「味噌」・ 「醤油」にわけて書かれ、それぞれの味が堪能できるように工夫されたお料理が並びます。ここのお料理は本当にどれも美味しいんです。しかも、“創作”の発 想がとても素晴らしく、調理法や組み合わせが面白い料理がたくさんあります。



私のお勧め「塩料理」は「塩ダレの冷奴」。冷奴の上に蛤の出汁に沖縄の塩のジュレがのっていて、お洒落仕様の冷奴の見た目にまずびっくり!冷奴を粗塩など で食べることはあると思いますが、ちょっと変わった塩味の冷奴です。軽快ですっきりと、きりりとした日本酒にぴったりです。



「味噌料理」で、ぜひお勧めしたいのは「カキフライのトルティーヤロール」。これは絶品!タコスに使うトルティーヤの上に京都の石野桜味噌を塗り、カキフ ライと野菜を巻いていただきます。この味噌とカキの組み合わせも絶妙。更にレタスや大葉、貝割れ大根、マヨネーズ、それぞれの味をカキがちょうどよくまと めているメニューです。ボリューム感のある日本酒が合います。

「醤油料理」のお勧めは「豚の角煮の唐揚げ」です。そうなんです、角煮をさらに唐揚げにしているのですが、全然しつこくなく、コクがあるお料理。どっしりとした日本酒が欲しくなります。



さらに季節のお勧め料理もあり、写真は「さんまの肝醤油焼き」「里芋煮」「〆さばのお刺身」です。



日本酒は常時7~8種類ほど。その日に何があるかは、お店の方に聞いてくださいね。お料理がおいしいので、お酒もどんどんすすんでしまいます。食欲の秋にはぴったりのお店です。
 


おもしろいイベントとしては、毎週金曜日の19時からプロマジシャンによるテーブルマジックを開催しています。お誕生会や歓送迎会の時など一層盛り上がりますよ。

和風創作料理あんしぇ
東京都中央区日本橋馬喰町1-9-9
加富屋ビルB1
TEL / FAX:03-3666-8730
昼の部  11:30~14:30
夜の部  18:00~23:30(L.O  食べ物 22:30  飲み物 23:00)
定休日:日曜、祝日(土曜はランチのみ)
http://anshe.gnk.cc/
レポート:大石結子

女唎酒師軍団が行く旨酒旨店