Vol.19 「日本酒を飲めない方は入店お断り」 味酒『かむなび』(大阪市中央区)


大阪市営地下鉄谷町線「谷町四丁目」または「谷町六丁目」駅から徒歩で数分のところ、近くには大阪城がありますが、そこから少し奥まった閑静なところに『かむなび』はあります。
看板の代わりに小さい切り株に、そっと店名が書かれてあるだけなので、初めての方は通り過ぎてしまいます・・・ご注意くださいね。

かくいう私も初めて行った時には通り過ぎてしまった一人です。

十数名のカウンター席と6名ほどが座れるテーブル席がたった一つの小さなお店はいつもお客様でいっぱいです。
その中を、明るい笑い声と笑顔の奥さんがご主人の作られた料理を運び相性ぴったりのお酒を勧めてくださいます。



お料理は、その日に入荷した魚をお刺身から、焼物、煮物。
「十数種の豆の塩蒸し」は、その名の通り、小豆、うずら豆、金時豆など色とりどりの豆に軽く塩味をつけて蒸したシンプルなもの。
「チーズの粕漬け 三種盛」は3種類のチーズをそれぞれ、清酒粕、みりん粕などに漬けたもので、おススメです。
〆のご飯ものでも、麺類でも、お酒が飲めてしまうほどお酒を研究して、お料理を作られています。
飲み物はもちろん、日本酒がメインというか、日本酒しかないと言っても過言ではなく一応ビールはあるのですが、「とりあえずビール」はご法度!!で、タイトル通りのルールがあるわけです。

日本酒の銘柄はイチオシの限定品も多く、常時置いていないのものありますが、今まで私が出会ったものをあげると「鶴齢」「日高見」「悦凱陣」「奥播磨」女将お勧めのの「不老泉」「遊穂」。
先日は徳島の「旭若松」とても小さい蔵元さんだそうで、ヴィンテージ違いの生酒を飲み比べさせていただきました。

チェイサーに出してくださる水は、無くなっていない限り、どこかの蔵元の「仕込み水」なのも日本酒好きには涙が出ます。



つたない文面でどこまでお店の良さが伝わったかどうか・・・。
まずは一度行ってみてくださいませ。
でも、必ず予約してくださいね。3名までならアラカルトでもOKなのですが、4名以上は料理のみ、3,500円か5,000円のお勧めコースを予約時に注文することになっています。

それから、ご主人が飲食店仲間のご友人達と「日本酒卍(まんじ)固め」という、イベントグループを組んでいて、日本酒発展のために楽しいイベントを開催していらっしゃいます。
ご興味のある方はぜひHPを覘いてみてください。


味酒 かむなび
大阪市中央区内久宝寺町2-7-12
TEL/FAX :06-6765-0930
17:30〜22:00(L.O.)
定休日:月曜日(月一回の連休)
http://manji.atukan.com/index.html/

レポート:築山佳恵

女唎酒師軍団が行く旨酒旨店